タミフルのジェネリック

タミフルのジェネリック・治療費用を節約

更新日:2016年01月13日 (公開日:2015年08月24日)

タミフルはインフルエンザによるパンデミックの危険性が叫ばれてから一気に注目されるようになりました。他のインフルエンザ治療薬と比べて高価だと言われていますが、医療費を抑えられるジェネリック薬はないのでしょうか?

タミフルの国内版ジェネリック薬は存在しない

2015年の時点では特許が有効であるため、日本国内ではタミフルのジェネリック医薬品は販売されていません。

しかしインドに限っては、タミフルの有効成分であるオセルタミビルの特許申請が却下されているため、特許の有効期間内であってもジェネリック医薬品を製造しています。日本国内では処方してもらうことができなくても、海外(インド)から個人輸入すれば、低価格なジェネリックのタミフルを手に入れることができるのです。

タミフルの海外版ジェネリック薬は存在する

通常はインフルエンザに感染してから、病院でタミフルを処方してもらいます。診察の予約を取って病院に行き、インフルエンザの診断を受けることで初めてタミフルが処方されます。仮にインフルエンザが流行していたら、診察の予約を取ることも一苦労でしょう。

タミフルを入手するもうひとつの方法は、海外の医薬品販売店から、海外版のタミフルを通販する(個人輸入する)方法です。海外から通販する場合、商品はタミフルのジェネリック薬ではなく、海外版のタミフルが購入できます。

タミフルはインフルエンザのウイルスに感染した際、ウイルスを殺す作用を持っているわけではなく、ウイルスの増殖を抑える働きをします。感染から48時間以内に服用しなくてはならないです。症状があらわれてから服用する間もなく、あっという間に時間が過ぎてしまうかもしれません。

タミフルジェネリックは常備薬におすすめ

あらかじめ手元に常備薬としてタミフル(オセルタミビル)持っていれば、インフルエンザウイルスに感染した場合でも、すぐに服用することができます。事前に海外から個人輸入で購入しておくことで、病院で処方してもらわなくてもすぐに服用することができます。早めの服用ならウイルスの増殖も抑えられ、完治までの期間も早まります。

タミフルジェネリックのオセフルやエンフルビル

当サイトで紹介している、タミフルと同量のオセルタミビルを含むジェネリック薬・オセフルエンフルビルなら、タミフルと同等の効果が期待できます。またジェネリックのメリットとして、低価格で購入することができます。

個人輸入と言っても難しい手続きは必要ありません。国内の通販サイトと同じように、海外から低価格で簡単に購入できます。万が一の場合に備えて手元に置いておくと、インフルエンザが流行する季節でも安心です。