タミフルの効果

タミフルの効果・効き目はいつ出る?

更新日:2017年12月20日 (公開日:2015年08月24日)

インフルエンザにかかった患者に処方される抗インフルエンザ薬「タミフル」。タミフルさえ飲めば一安心!と言いたいところですが、インフルエンザにはタミフルが効くもの、効かないものがあります。

今回はウイルスに対するタミフルの効果について、より効果的にタミフルを飲むポイント、効果が出やすい症状、効き始める時間などを詳しく紹介します。

効果があるのはA型、B型インフルエンザだけ

インフルエンザウイルスはA型、B型、C型などに分類されます。タミフルはA型、B型のインフルエンザと判断された場合のみ処方されます。

なぜC型のインフルエンザには効果がないのでしょうか?なぜC型のインフルエンザには効果がないのでしょうか?タミフルに期待できる効能は、インフルエンザウイルスの増殖を抑制することです。しかしC型のインフルエンザウイルスには、増殖に関わる成分(ノイラミニダーゼ)が存在しません。そのためタミフルはC型インフルエンザには効果がないのです。

最も効果的に使うには、スピードが命

タミフルの効果を最大限に発揮するポイントは時間です。インフルエンザの症状があらわれてから、薬を飲むまでの時間を、とにかく短くすることが重要です。

タミフルの添付文書には「症状発生から2日(48時間)以内に投与を開始する」と書かれています。自覚症状が薄い場合など「2日以内ならまだ余裕がある。少し様子を見てもいいのではないか?」と考えてしまうかもしれませんが、これは大きな間違いです。

体調の悪化を感じたら、感染からは24時間以上が経過している

「インフルエンザウイルスに感染したらすぐに体調が悪くなる」と思いがちです。しかし実際は、「体調が悪い」と感じられた時点で、感染してからかなりの時間が経過しています。体調が悪いと自分で分かるレベルまで感染が広がっている、ということなのです。

一般的には症状があらわれた時点で、感染してから24時間が経過しているといわれています。

体調が悪化した時点でウイルスは増殖している

インフルエンザウイルスに感染したタイミングをスタートとすると、およそ24時間後に体調の悪化を感じはじめます。この頃にはウイルスは活発に増殖を繰り返しています。

その後、スタートの感染から72時間で、ウイルスは増殖のピークに達します。実際に症状が出はじめる頃には、ウイルスは増殖のスピードをどんどん早めています。一刻も早い抑制が必要なのです。

ウイルスの拡大を抑えるためにはとにかく早く飲む

タミフルを「体調悪化から48時間が過ぎた後に飲んでも効果がない」というのは、48時間を過ぎるとウイルスの増殖ペースが弱まるからです。

「できるだけ早く飲む」理由は、増殖中のウイルスをできる限り抑えるためです。効果的なウイルス抑制にはスピードが命なのです。

タミフルの効果が出てから回復に向かうまで

では実際にタミフルを飲んだ後から、体はどのように回復に向かうのでしょうか?

添付文書に記載された内容を裏付ける試験データが記載された、医薬品インタビューフォームをみてみましょう。

タミフルを飲むとインフルエンザからの回復が早まる

タミフル75mgを1日2回、5日間継続して飲んだ場合と、タミフルに見せかけた偽薬を1日2回、5日間継続して飲んだ場合の比較データです。

タミフル・医薬品インタビューフォーム:回復までの時間

タミフルを飲んだグループが、インフルエンザによる諸症状から回復するまでの時間は、70.0時間(約3日)でした。これに対してタミフルを飲んでいないグループが回復に要した時間は93.3時間(約4日)でした。タミフルを飲んだグループの方が、丸々1日、24時間ほど早く回復する傾向がありました。

幼小児は服用から1日で快方に向かう

またタミフルドライシロップを飲んだ幼少児の場合、体調が回復する(咳や喉の症状が改善、体温が37.4度以下に回復)までの時間は、72.5時間(約3日)でした。38度を超える高熱から、37.8度未満まで回復するには21.3時間(約1日)。37.4度以下の平熱まで回復するには、35.3時間(1日半)がかかりました。

個人差はあるので一概にデータ通りに回復するとは言い切れません。問題なくタミフルの効果が出ているか、体温を計りながら経過をみると、快方への目安となるでしょう。

タミフルの効果は半日ほどであらわれる

16歳以上の男女(体温38度以上、インフルエンザの自覚症状があるグループ)を対象とした、さらに詳しい治療効果のデータです。

タミフル・医薬品インタビューフォーム:各インフルエンザ症状の回復までの時間

被験者はインフルエンザの症状があらわれてから、36時間以内にタミフル75mgを服用しています。その後は1日2回、5日間継続してタミフルを服用しました。

インフルエンザの諸症状が回復するまでの時間は、回復が早かった順番で並び替えると、以下のようになっていました。

  1. 悪寒や発熱(11.1時間)
  2. 筋肉痛や関節痛(14.7時間)
  3. のどの痛み(20.4時間)
  4. 頭痛(21.6時間)
  5. けん怠感や疲労感(23.5時間)
  6. 鼻症状(40.7時間)
  7. せき(50.0時間)

半日で熱が下がりはじめる

最も治りが早かったのは、悪寒や発熱などの全身症状でした。タミフルを飲んでから効果が出るまで半日。その他の筋肉痛や関節痛、頭痛や疲労感などの全身症状は、ほぼ24時間(1日)以内に回復に向かっていました。逆に鼻水や鼻づまり、せきなどの呼吸器症状に関しては、服用してから2日間ほど引きずってしまうようです。

タミフルを飲んだ後に、寒気や体の痛みが和らいできたことが感じられれば、体内で効果的にウイルスを抑制していると考えられそうです。

まとめ

タミフルによるインフルエンザの治療効果はいかがでしたか?最後にこのページの内容をまとめます。

タミフルの治療効果をまとめ
タミフルを飲んで効果があるのは、インフルエンザA型とインフルエンザB型
タミフルを飲むとインフルエンザによる症状からの回復が早まる
増殖中のウイルスをいち早く抑えるため、とにかく早期服用が効果的
タミフルを飲んでから効果が出るまでの時間は半日(11時間)
治癒の効果が出やすいのは全身症状で、鼻やのどの回復には時間がかかる

以上がタミフルの治療効果について知っておきたいおおまかな要点です。

繰り返すようですが、タミフルは発熱や悪寒などによる体調の悪化を感じてから、48時間以内に服用しなければ解熱効果や効き目を実感できません。

インフルエンザが疑われる症状が出たら、なるべく早く医療機関を受診する。インフルエンザか別の病気か、症状に対して効果が実感できるのはどんな薬なのか、医師に判断してもらう。処方を受けたら一刻も早く服用して、ウイルスを抑えるよう心がけましょう。