タミフルとは

タミフルとは?インフルエンザは薬で治療

更新日:2017年12月16日 (公開日:2015年08月24日)

毎年11月頃から翌年にかけ、テレビや新聞などで話題に上がるのがインフルエンザ関連のニュース。インフルエンザの薬として必ず紹介されるのが「タミフル」です。

この記事ではは「タミフルの名前は聞いたことがあるけど、どんな薬かいまいち分からない」という方のために、最低限知っておきたいタミフルの大まかなポイントを紹介します。

タミフルはインフルエンザ治療薬の代表格

タミフルは、中外製薬株式会社が日本国内向けに販売する、抗インフルエンザウイルス剤(インフルエンザ治療薬)です。2001年2月の販売開始から現在まで、毎年300万人以上の患者に処方されている、インフルエンザ治療の代表的な薬です。

タミフルカプセル75

タミフル自体を生産しているのは、スイスの大手製薬会社であるロシュ社。ロシュ社と中外製薬はグループ関係にあります。中外製薬が日本の窓口になって、タミフルを販売しているのです。

タミフルにはウイルス増殖を抑える効果がある

タミフル(成分名・オセルタミビル)は、「抗インフルエンザウイルス剤」という読んで字のごとく、体内でインフルエンザウイルスに対抗して、ウイルスを増やさないように働きます。インフルエンザの症状がひどくなるのを抑えたり、症状が出ている時間を短くしたりする効果があります。

増殖前に服用しなければ意味がない

タミフルを利用する上で、絶対に覚えておきたいことがあります。タミフルは、あくまでもウイルスの増殖を抑える薬で、ウイルスを退治する薬ではないということです。インフルエンザウイルスが体内に拡がってしまう前に飲まなければ、タミフルは効果的に働きません。また飲んですぐに効くというわけでもありません。

ウイルスが体内に拡がる前に効果を発揮させる、つまり症状が出てから服用までの時間をいかに短くできるかが、タミフルを効果的に使うポイントになります。

早めの通院・服用が完治への近道

インフルエンザの症状が確認できてから、タミフルを服用するまでの目安は、2日以内(48時間)です。できるだけ早く飲むことがポイントなので、48時間よりも早いに越したことはありません。

目安の時間内に飲むためには、急な高熱などの症状を感じたら、できるだけ早く病院に行くことです。医師に診察してもらい、タミフルを処方してもらう必要があります。

病院ではインフルエンザの種類(A型、B型)を判定するキットが使われています。問診に加えて、綿棒などで鼻やノドなどの粘膜を採取して、詳しい診断がおこなわれます。症状が出た時期や症状の重さ、緊急性、判定キットの検査結果から総合的に判断し、医師がタミフルを処方するかどうか決める、という流れです。

タミフルにはインフルエンザの予防効果もある

タミフルは治療の目的以外に、インフルエンザにかかりたくない人が予防の目的でも使用できます。

2009年に中外製薬株式会社は、予防を目的にタミフルを飲んでも良い、という承認を厚労省から受けました。中外製薬は発表した研究データによれば、インフルエンザに感染する前に、タミフルを飲んだひとの方がタミフルを飲まなかったひとよりもインフルエンザにかかりにくかった、という結果が出たのです。いまではタミフルの添付文書に、治療だけでなく予防への適応も記載されています。

予防投与には健康保険が適用されない

インフルエンザで恐ろしいのは集団感染です。抵抗力の弱い高齢者、特に集団生活を送る高齢者などは、常に院内感染の可能性をはらんでいます。基本的には、インフルエンザの予防はワクチンが第一選択肢です。ワクチンが手に入らない場合など、タミフルでもインフルエンザの予防ができる可能性があります。タミフルの予防投与には、健康保険が適用されないというデメリットはあるものの、万が一の場合は、医師に相談してみると良いでしょう。

問題となっているタミフルの副作用

2007年3月20日、厚生労働省から10代のインフルエンザ患者にはタミフルの処方を禁止する、という発表がありました。当時のニュースでも度々取り上げられていた、タミフルを飲んだ未成年の患者が取る異常行動が問題になったためです。インフルエンザにかかってタミフルを処方された学生がマンションから転落死したなど、内容がショッキングだったこともあり、予防措置として10代のタミフル服用禁止に踏み切ったのです。

タミフルの副作用は小さくない

現在までの調査では、タミフルの成分やタミフルを飲んだ事実が、直接的に異常行動につながったのかは解明されていません(因果関係は明確ではない)。異常行動以外にも嘔吐やじんましんなど、タミフルの副作用は小さくないといわれています。

服用するのが自分ならまだしも、家族の身に何かあったら一大事です。もしインフルエンザにかかっても、副作用が不安が解消されない限り、タミフルを服用しないという選択肢もあります。特に子どもや乳幼児への投与は、医師から十分な説明を受け、納得した上で判断しましょう。

乳幼児に向けにはタミフルドライシロップ

インフルエンザウイルスに感染した場合には、単なるかぜとは違い、38度以上の高熱が出るのが特徴です。特に幼小児の場合には、放っておくインフルエンザ脳炎などに進行してしまう可能性もあります。インフルエンザの重症化を防ぐタミフルには、成人向けに処方されるタミフルカプセルと、乳幼児向けに処方されるタミフルドライシロップがあります。

タミフルは杏仁豆腐の味がする?

タミフルドライシロップは、タミフル独特の苦味を抑えるために、甘いシロップを混ぜて粉末状にしたものです。服用する際は水やお湯などに溶かして飲みます。白い粉末で杏仁豆腐のような味がするため、幼小児でも飲むことができるという優れモノです。

タミフルの原料は八角という香辛料

タミフルの原料は八角から採れるシキミ酸という成分です。八角とは中華料理において必要不可欠な香辛料で、北京ダックや杏仁豆腐にも使われています。タミフルドライシロップが杏仁豆腐のような味がするのも、原料である八角が影響しているのかもしれません。

タミフルはもちろん、タミフルドライシロップも処方せん医薬品の一種です。かぜ薬のように一般のドラッグストアや薬局の店頭では購入できません。病院などの医療機関を受診することになります。

まとめ

タミフルの大まかなポイントはいかがでしたか?最後にこのページの内容をまとめます。

タミフルの要点まとめ
タミフルには、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果がある
タミフルには、インフルエンザウイルスの感染を予防する効果がある
タミフルを効果的に使うには、発症してから48時間以内に服用する
タミフル服用患者による異常行動は、タミフルが原因なのか、インフルエンザが原因なのか、それ以外が原因なのか、現在のところ不明である
タミフルには、タミフルカプセルとタミフルドライシロップの2種類がある

以上がタミフルについて知っておきたいおおまかな要点です。タミフルの効果、使い方、様々な副作用については、別の記事でさらに詳しく紹介していきます。